不動産は価値がある財産なので、基本的にはよいものです。しかし、活用することが大事なのです。

不動産のバブルについて
PAGE

Yahoo! JAPAN

  •  WEB検索
  •  サイト内検索

不動産のバブルについて
不動産のバブルについて

不動産は価値がある財産

不動産というものは、価値がある財産ですから、基本的には持っていることがよいことではあります。しかし、持っているだけではあまり意味がないです。むしろ、費用がかかってしまうのです。それは固定資産税、というものです。これは土地家屋に課税されるものであり、所得税などと違って、収入に対して課税されるわけでなく、不動産の価値によって課税されることになります。つまり、持っているだけであれば、その費用だけ嵩む、ということになります。ですから、どうしても不動産というものは、活用してこそ、意味があるのです。自分が住む、というのも立派な活用方法であるといえます。ですから、まずは住むことを検討して見ることです。そして、それでも余った不動産があるならば、貸すことです。

もちろん、貸せる価値がある必要があるのですが、せめて固定資産税、管理費くらいの金額くらいは稼ぐ必要があります。活用することの最も基本的なことは住むことであり、次いで、貸すことなのです。貸すというのは、不労所得を得ることができる、ということでもあります。ですから、ある意味ではとてもお勧めできることではあります。しかし、ノウハウも必要ですから、その点は注意するべきであるといえます。

お勧め情報

Copyright (C)2017不動産のバブルについて.All rights reserved.