不動産バブルの時には余っている土地は売ってしまうことです。住む以外とのところです。後で買い戻せばよいのです。

不動産のバブルについて
PAGE

Yahoo! JAPAN

  •  WEB検索
  •  サイト内検索

不動産のバブルについて
不動産のバブルについて

不動産バブルのときには

不動産バブルの時には住むところ以外の物件を持っているならば、売ってしまうことです。どんな投資にもいえることですが、天井で売り抜けることは難しいです。不可能、といってもいいくらいです。ですから、そこそこ騰がった段階で売ることがベストであるといえます。そして、バブルが弾けたら、買戻しをすればよいのです。これが行動としてはとてもよいものであるといえます。住むところがあれば、後は不要であるといってもよいです。ちなみに地価が高騰しているからといってそこにアパートやマンションを建てることもあまりお勧めできることではないです。もちろん、地価がそこそこの値上がりをしている、という程度であればよいのですが、バブルのような急激な、意味のわからない高騰の場合は逃げたほうがよいです。それが賢明であるといえます。

言うまでもありませんが、お金がかかっていることです。不動産は財産です。守るべき財産なのですから、手間を惜しまないで売ったり買ったりすることです。とりあえず住むところを確保しておけばよいです。後は運用するなり売るなり、自分にとってベストな行動ができるようになればよいのです。基本的にはバブルの時には攻めの投資をしないことです。

お勧め情報

Copyright (C)2017不動産のバブルについて.All rights reserved.