不動産の国家資格を簡単なものから取得することで、難関の上位の資格へもステップアップしていき易いです。

不動産のバブルについて
PAGE

Yahoo! JAPAN

  •  WEB検索
  •  サイト内検索

不動産のバブルについて
不動産のバブルについて

ステップアップしながら、不動産の国家資格を取得しましょう。

不動産の国家資格にはいくつかあり、取得し易いものから始めてステップアップしていく方法があります。最初から難関資格を目指していくやり方もあるでしょうが、私の経験からいうと何回か受験をして失敗すると挫折してしまい易いように感じます。やはり階段は一段ずつ低いものから登っていったほうが、最終的に頂上へ上り易いと考えます。さらに取得が簡単な資格であっても、合格することにより自信が生まれますし、勉強の仕方も学べると思います。それにより次の資格取得への意欲も出てきます。

それでは具体的にどのような資格があるかといいますと、最初に目指して欲しいのが測量士補です。国家試験の中では比較的合格し易いですし、土地等の測量の仕方が学べます。次に目指して欲しいのが、宅地建物取引主任者です。これは不動産業者にとっては必須の資格で、土地や建物に関する売買や賃貸等の基本的な知識を学べます。次の目標としては土地家屋調査士で不動産の表示登記を行なえますし、測量士補があることにより土地家屋調査士試験の一部が免除されるからです。また宅地建物取引主任者試験での知識が活かせることもあげられます。ここまでくると独立も出来ますし、一つの物件の依頼で測量・売買・表示登記と三つの収入を得ることも可能になります。

お勧め情報

Copyright (C)2017不動産のバブルについて.All rights reserved.