不動産取得税は、不動産を購入・新築・増改築・交換・贈与、の所有権を得た時に発生する税金のことです。

不動産のバブルについて
PAGE

Yahoo! JAPAN

  •  WEB検索
  •  サイト内検索

不動産のバブルについて
不動産のバブルについて

不動産取得税とはどういう税金か

不動産を取得した時にかかる税金の事を、不動産取得税と言います。これは取得時に一度だけかかる税金です。ここで言う取得というのは、家や土地を購入した等というだけではなくて、新築・増改築・交換・贈与、したときも含まれています。つまり、不動産の所有権を得た時に発生する税金です。この時、登記したか否かは問われません。所有権の定義とは、自分で自由に使用・収益・処分が可能になった状態の事です。何年経っても時効で消滅する事のない権利です。もちろん、法令の範囲内、公共の福祉に反しない範囲の自由な権利ですから、ある程度は制限があります。

税額の計算をするには、固定資産税評価額×税率、で計算出来ます。標準税率は4%に設定されていますが、2015年3月31日までに取得したものに関しては3%に減税されます。これが適用されるのは、土地と住宅用建物です。市区町村によって課税される基準が違うという特徴があります。また、不動産の評価額が30万円未満の土地、20万円未満の家屋に対しては固定資産税はかからないことになっています。賃貸物件を借りているような場合ですと、固定資産税の課税義務は借主にはありません。その代わりに地主や大家さんに地代を払います。

Copyright (C)2017不動産のバブルについて.All rights reserved.