不動産への名義貸しは法的にも違法な行為ですが、巷では普通に行われているのが、その実態です。

不動産のバブルについて
PAGE

Yahoo! JAPAN

  •  WEB検索
  •  サイト内検索

不動産のバブルについて
不動産のバブルについて

不動産屋の名義貸しについて

私は宅地建物取り扱い主任者という資格を持っています。この資格は、国家資格で、難易度も高いです。この資格を持っていると、時々「名義を貸してくれないか?」という話が耳に飛び込んでくることがあります。それは親戚からだったり、近所の知り合いだったり、飲み屋で知り合った社長さんだったりもします。一度名義を貸したことがあるのですが、残念なことにゴタゴタに巻き込まれてしまい、それ以降は貸さないようにしています。なぜゴタゴタに巻き込まれたかというと、やはり法律に触れる行為だからです。もし法律に触れないようにするには、きちんと従業員として登録するとか、そういったことをしなければなりません。もしこれを読んでいる方が不動産経営者さんなのであれば、ぜひとも宅地建物取り扱い主任者資格は御自分で取っていただきたいですね。お客さんからの信頼を失いかねませんし。

逆に、会社の上のほうに宅地建物取り扱い主任者資格の合格賞を飾っておいたり、必要時に宅地建物取引主任者証のカードを出すよう心がけたりしていると、箔がつきますし、お客さんからの信頼、お客さんの安心度もかなり向上すると思います。宅建以外にも資格はありますので、そちらの資格も頑張って取ってみるといいかもしれません。

お勧め情報

Copyright (C)2017不動産のバブルについて.All rights reserved.