不動産投資のデメリットは、投資自体に莫大な資金を要する点にあります。建物では経年劣化防止対策は必須です。

不動産のバブルについて
PAGE

Yahoo! JAPAN

  •  WEB検索
  •  サイト内検索

不動産のバブルについて
不動産のバブルについて

不動産投資のデメリットとは

不動産投資のデメリットを知っておくことも大切なので、あえて記述することにしました。FX投資や株式投資は、個人の退職金の一部くらいの小額で運用して利益を上げることが可能です。インターネットで自由に、いつでもどこでも取引ができる時代となっているので、とても便利な投資形態なのです。不動産投資では一般的に、これらの小額投資に比べて、多額の資金を要します。また、購入後すぐに売り払いたい物件が発生したとしても、右から左へと、すぐには売却できないことが多いのです。このように投資金額が比較的大きいのが、個人の退職者の参入を難しくしているのです。

マンションやアパート経営では、その管理状態が悪ければ入居率が、がくんと落ちます。これらの経営で一番困るのが、建物を建設したのに入居者がいないことなんです。事前に地理的条件や、そこに住んでいる住民の年齢層、職業などをしっかりとつかんでおく必要があります。この種の事業では、入居率を一定以上に保つことが生命線であると申し上げます。マンションやアパート経営には思い切った管理の手法をとることが大切です。場合によっては管理を外部の業者に委託するのも良い方法なんです。

不動産物件は、土地は別にして、通常、経年劣化をして、その資産価値がどんどん下がって行きます。そうならないためにはある程度の保守管理が必要なのです。アパートやマンションでは、長期の保守管理計画は絶対必要です。大規模修繕には多大な費用が発生します。そのために積立金を貯蓄しておくのも、大切な管理運営方針のひとつなんです。

Copyright (C)2017不動産のバブルについて.All rights reserved.