不動産の運用方法として駐車場経営がありますが、契約には必ず駐車場として使用することを盛り込む必要があります。

不動産のバブルについて
PAGE

Yahoo! JAPAN

  •  WEB検索
  •  サイト内検索

不動産のバブルについて
不動産のバブルについて

不動産運用としての駐車場経営の契約には注意が必要です

不動産の運用方法として、最も気軽に始められることのひとつとして、駐車場経営があります。他の運用方法としては、賃貸マンションや賃貸アパートを建築して経営することなどが人気がありますが、かなりの初期費用がかかりますし、一度始めると、すぐには止められません。それに比べ、駐車場経営は、初期費用も少なくて済みますし、止めたければ比較的簡単に止めることもできます。これらの理由から駐車場経営は非常に人気があるのです。

しかし、気を付けておかなければいけないこともあります。それは、貸し方です。車1台分ごとに契約していく形なら、まず問題はありません。気を付けなければいけないのは、そのスペース全体、例えば30台の車を停めることが出来る駐車場があるとすると、そのすべてである30台分を1つの会社に貸すような場合です。このようなときでも、土地を貸して、それを借りた会社が駐車場として使っているだけ、というような形の契約をしてはいけないということです。場合によっては、建物を建てられてしまうこともあります。そうすると、その土地は、こちらの都合で返ってこなくなる可能性もあります。ですから、一括で貸す場合でも、必ず車を置くための駐車場として使い、建物を作らないという内容の契約をしておく必要があるのです。

お勧め情報

Copyright (C)2017不動産のバブルについて.All rights reserved.