不動産を購入する際に、予想外にコストがかかったなと感じることがあります。そのコストについて、考えます。

不動産のバブルについて
PAGE

Yahoo! JAPAN

  •  WEB検索
  •  サイト内検索

不動産のバブルについて
不動産のバブルについて

不動産にかかるコスト

不動産を購入する際に、予想外にコストがかかったなと感じることが多々、あります。そのコストについて、考えます。不動産の購入対価は、わかりますが、不動産移転登記などの司法書士にかかる費用や、借入れの際の印紙代など、不動産価格によって、変動する費用があります。

これらは、初期費用ですが、購入後に、不動産取得税と翌年1月1日を課税時期として、固定資産税がかかります。上記も、不動産価格で変動してきますので、負担も考えて、不動産は購入すべきです。不動産は、取得してから、税金がかかるため、コストは重い負担となります。

さて、忘れがちな費用についても考えます。今の時代、0金利なので、昔に比べれば、借入れ利率が低いです。借り換えをお考えの方も多数いらっしゃると思います。そこで、少し、待ったをかけたいと思います。本当に、借り換えをなさいますかと、問いかけます。もちろん、利率は低いです。でも、借り換えの際には、金融機関に手数料、借り換えの際の印紙代の費用がかかります。この印紙代の費用がとてもかかります。残債によって違いがありますが、借り換えても、印紙代より得する利息相当額が低い場合も考えられるため、注意が必要です。

お勧め情報

Copyright (C)2017不動産のバブルについて.All rights reserved.