不動産のバブルというものは、どうしても経済発展が起きると発生することなのです。注意することです。

不動産のバブルについて
PAGE

Yahoo! JAPAN

  •  WEB検索
  •  サイト内検索

不動産のバブルについて
不動産のバブルについて

不動産のバブルというものは

不動産バブルというものは、経済発展が起きているところであれば、発生する可能性があります。なぜかといいますと経済発展が起きると人が集まるからです。そして、そこの地価は上昇します。下手をすると人が住むことができないこともあります。東京でもそうしたことがあったのです。どうしてもそれなりに人の住むところを確保する必要があったのですが、東京の爆発的な地価の上昇によって、そこに住むことができない、ということが1980年代にあったのです。郊外にどうにか賃貸で借りることが精一杯だったのです。しかし、それもバブルが弾けることによって、終了します。注意することは、そのときに買わないことです。無理をしてそのときに分譲マンションなり一軒家なりを買ってしまうことです。それは良くないことであるといえます。注意するべきはバブルのときに不動産を買わないことです。

むしろ、バブルがはじけたときに買うべきであるといえます。景気が良い、ということは収入も良くなる、ということでもあります。そのときに臥薪嘗胆して、しっかりとお金を貯めておくことです。経済成長をするとどうしても国民全体の気が強くなります。その流れに流されないようにすることです。

お勧め情報

Copyright (C)2017不動産のバブルについて.All rights reserved.