不動産の購入をする際に営業マンを見て選んだほうがいいこととその理由について説明しています。

不動産のバブルについて
PAGE

Yahoo! JAPAN

  •  WEB検索
  •  サイト内検索

不動産のバブルについて
不動産のバブルについて

不動産は良い営業マンのいるところで買いましょう

土地やマンションなど、不動産を購入する場合には仲介業者を通じて行うことが多いです。しかし、良い物件が見つかったからといって、安易にその物件情報に記載してある仲介業者に依頼するのは待ってください。物件は良くても、仲介業者の営業マンの態度によっては、別のところに変えたほうが良い場合もあります。

なぜ物件選択に営業マンの対応が関わってくるのかというと、不動産は購入後も販売業者、ここでは仲介業者ですが、その人と関わりを持つ買い物だからです。物件そのものや良くても、営業マンの対応しだいで必要以上にコストがかかることもあります。

良い営業マンかを見極めるには、購入前の態度に注意しましょう。物件についての説明をきちんとしていますか?あなたの購入する動機や環境について、理解しようとしてくれていますか?1つの物件だけではなく、あなたの希望にあった他の物件も紹介してくれていますか?お客さんに指摘されてから答えるような営業マンは避けたほうが無難です。そういった方の場合は、購入後に不具合が生じた場合やメンテナンスの必要がある場合の対応も後手になったり、忘れてしまったりということが多いのです。その結果、いらぬ手間やコストが発生し、思った以上に不満を感じてしまいます。物件を探す際は、購入前に、仲介業者の話やその態度をきちんと見ておきましょう。

お勧め情報

Copyright (C)2017不動産のバブルについて.All rights reserved.