不動産というものは価値に差はありますが、それでも良い財産であることは確かであるといえます。

不動産のバブルについて
PAGE

Yahoo! JAPAN

  •  WEB検索
  •  サイト内検索

不動産のバブルについて
不動産のバブルについて

不動産というものは価値がある

不動産というものは、それぞれに価値の差、というものがありますが、それでも人にとって、よい財産であることは確かです。子々孫々に伝えることができるものであるといえます。先祖伝来の土地、といいますが、まさに不動産を子孫に残すことはかなり良いことであるといえます。ですから、良いところを購入することです。しかし、重要なのは持っているだけではなく、活用する、ということです。土地を活用することはとてもよいことであるといえますから、貸すなり住むなりすることです。貸す、というのは、そこから収入を得ることができるのです。これは不動産収入というものになります。要するに不労所得です。これはある意味では夢の一つであるといえます。

ですから、不動産が余っているのであれば、それは積極的に活用するべきです。持っているだけでは、どうしても固定資産税だけを支払うことになりますから、損をしてしまうのです。しかし、活用することによって、むしろ、利益になるのです。アパートやマンションを子々孫々と残すことができれば、かなりの財産を残した、ということになります。大変ではありますが、頑張って見る価値はありますから、検討して見ることです。

Copyright (C)2017不動産のバブルについて.All rights reserved.