不動産営業の仕事というのは、歩合制であることが多いです。つまりは、かなり稼ぐことができることがあるわけです。

不動産のバブルについて
PAGE

Yahoo! JAPAN

  •  WEB検索
  •  サイト内検索

不動産のバブルについて
不動産のバブルについて

不動産営業の仕事というのは

不動産営業の仕事というのは、大変ではありますが、稼ぐことができるものとして有名です。要するに不動産を販売するのですが、歩合制であることが多く、つまり、多く売れば売るほど給料が上がる、ということになります。これはある意味ではかなり厳しいのですが、営業が得意である人にはかなり良いものであるといえます。かなり稼ぐことができるのです。但し、不動産というのは、売買が盛んなときとそうでないときがありますから、よくよく考えて仕事を決めることです。さすがに不景気の時にはなかなか売れないものです。それでも良い仕事であることは確かですから、挑戦してみる価値はあります。ちなみに資格が必要になりますが、最低限の資格であれば、そこまで難しいものではありませんから、その点はそこまで心配することはないです。

言うまでもありませんが、稼ぐことが出来る人とそうでない人がはっきりとするわけですが、ターゲット絞ることによって、ある程度効率的に営業をすることができます。有名な話なのですが、敏腕営業マンが自分の営業の記録をとっていて、三回以上の訪問で契約が取れたのは数パーセントであった、と言う話があります。つまりは、早めに見切りをつけることです。これが営業のテクニックの一つです。

Copyright (C)2017不動産のバブルについて.All rights reserved.